LA SIESTE

2014年12月26日金曜日

更新のお知らせ


クリスマスの夜に
いろいろと更新のお知らせです☆


◇「デリジブル」

TALE3を更新しました!
http://lasieste2.shakunage.net/DIRIGEABLE/novel3.html

デリジ…、
しばらく、こう、まったりしたたれ目の主人公ばっかり描いてたので
グレさんを上手くかけなくて苦労したんですが、なんとか全身図ができたので
それもキャストページに載っけてみました。
http://lasieste2.shakunage.net/DIRIGEABLE/cast.html




◇「機械仕掛けの馬」

こちらもまったりと増えてます。
http://daichikawacemi.deviantart.com/gallery/37164288/The-Mechanical-Horse



◇「少とちゅ予告動画の予告」




それから、予告です!
実は、「少とちゅ」の予告ムービーなるものをつくっております。
完成したら、公式サイトに載る予定なので、よろしくお願いいたします^^!
年内になるかどうかはまだ未定です…!


◇「カカ・ロマ」

https://vimeo.com/113968517
えーと、カカ・ロマのこんな動画つくってます…!
動画初心者なので画像がちょっと荒れてますが、
曲全部完成したらもうちょっと色々改良される(はず…???)




クリスマスなので一気に4作品更新報告しました…ぜえぜえ








みなさんはどんな夜を過ごされましたか?
わが家のクリスマスの写真をちょっとだけ載せますね!


先日、ママさんが九州まで旅行に行ったので、
棚の上が隠れキリシタングッズであふれています。




↓これが、今年のプレゼントにもらった本です。
「トロール」はずっと前から欲しかったの!^^



イブは、はじめて「びっくりドンキー」でハンバーグを食べました!
ケーキも食べたし、大満足の楽しいクリスマスでした。







2014年12月24日水曜日

JOYEUX NOEL!!

皆様、メリークリスマス!!


クリスマスなので、
たくさんの感謝を込めて、

今から色々と更新していきますね!




2014年11月24日月曜日

Mechanical Horse Eng-ver.

La sieste DeviantART  comico







B4白黒原稿へ復帰して一週間半くらい(?)…で
ようやく、少し、手の感覚が元に戻ってきたかな、と思えてきました。

今週から気合入れて、描こうと思います!!

更新1.
「機械仕掛けの馬」、地味に少し更新されてます。

更新2.
少とちゅのサイトに目が動いてる虹村さんと優介がいます。



2014年11月15日土曜日

The Mechanical Horse

La sieste DeviantART  comico

少年誌途中で飽きる症候群。公式サイト





















お知らせです。
「DeviantART」で、「機械仕掛けの馬」の連載を再開しました。

http://daichikawacemi.deviantart.com/gallery/37164288/The-Mechanical-Horse



まったりゆっくり連載ですがお付き合いよろしくお願い致します。
久しぶりのdA(deviantART)節なので、しばらくはリハビリが必要ですね…!
少しずつ、生活のノリを十九世紀の世界観に戻していこうと思います。


2014年11月13日木曜日

Water Labyrinth


La sieste DeviantART  comico

少年誌途中で飽きる症候群。公式サイト




















「少とちゅ」comicoでの最後の話を入稿しました!

今まで、誰よりも、誰よりも、
一番、時間と、手間をかけて描いてきたのに、
きちんとした単行本にすらしてもらえなくて、
全部無駄に終わってしまったということが
本当に悲しくて、

何度も、何度も、ポロポロ泣きました。

もう、あらゆる人という人、
何人だりとも、口をききたくない気持ちで、
なんともいえない悲しみと、怒りと、失望感と、絶望が
ぐるぐる心の中を渦巻いていました。


ともあれ、

カラーの週刊連載本当に、大変だったので、
やっと、ゆったりした気持ちで落ち着くのかと思ったら、
ホッとした気持ちもあって、

「そうだ!終わったら、水源地にいこう!」って決めてたので、
さっそく、一人でバスに飛び乗って、
秋の水源地まで行ってきました。








前回、行ったときはカメラを持っていかなかったので、
小さい携帯写メールの写真しかお載せできなかったのですが、
今回は、文章ではお伝えできなかった画像を載せようと思います。




前回、この日記で、「道が水に沈みかけている場所があった」と書きましたが、
その箇所が、新しい板に張りなおされてました…。


新しい板は色が黄色。






それで、
湖の周りを、ゆらゆら、ゆっくり流れたり、よどんだりしている水の上に張られている、
木の板の上を歩いていくわけです。

音もなく静かに流れている水の中を、
ゆらゆらと、緑色のものがゆらいでいるのは、
なんともいえない表現しがたい感じで、
前回の日記でもそれがうまく伝えられずに残念だったのですが、
今回は、写真を載せてみます。



やはり、写真でも、実際に見た水の色とはぜんぜん、色が変わってしまって
うまく伝えられない……。

実際は、、なんともいえない、何色ともつかない茶で、
ちょっと日常にはない、不可思議な雰囲気なんです。

(写真じゃ全然、表現できてない……!
やっぱり、絵を描いて伝えるしかないね…!!)




こないだ、こんなにも一生懸命漫画を描いてるのに全然うまくいかないのは
「私が呪われてるからじゃあるまいか。」
とふと思って、

調べてみると、
自身にかけられた呪いを解く方法に「川を渡る」というものがありました。
…水には浄化作用があると聞きます。

それをふと思い出して、
水源地を歩き回って
水が流れていて、私の足で飛び越えられるような、
そして、洲になっていて、簡単には呪いが外に出られないような、
そして、「いかにも」という感じのする場所を見つけて、
その洲の中の、木の前に立ち、
そこで、「どうか呪いが落ちますように。」と願って、
…ためしに川を飛び越えてみました。

もし、この方法が、正しければ、これで私にかけられた呪いは解けたはず(!)。
さて、効くでしょうか!





しかし、
アジアでは「龍」は水の生き物とされているので、
もし、私に呪いをかけたのが「龍神」の類であったなら、
川を飛び越える方法は効かないでしょう(^^;)うーむ…


この水源地の水の中には、
人間にはなかなか姿を見せないけれど、
何か、大きい生き物が棲んでるような気がしています。。。


歩いてるとき、
「Water Labyrinth」って言葉が、ふっと浮かんできて、
水の中に棲んでて、それが迷宮のようになってたら、
それは、なんという家だろうか…!
というイメージが、ふ~~っと浮かんできました。



冬になったら、また違う顔をみせるんでしょうね。
とても楽しみです。






2014年11月8日土曜日

「少年誌途中で飽きる症候群。」公式サイトのご案内




「少年誌途中で飽きる症候群。」公式サイトをご案内します!

http://shotochu.tumblr.com/


今週、comicoの「少とちゅ」の連載が来週で終わるよ、
…というお知らせを出させていただきました。

来週の連載分が終わってから、あらためて案内を出そう、
と思ってたんですが、

このブログのアクセス数が目の玉びっくら飛び出るくらい
すさまじいことになってたので…(汗汗;)!!!!!!
さっそく今週中に案内を出すことにしました。


comicoのお知らせ通り、
「少とちゅ」はサイトの方でまだまだ続きます!!

しばらく虹村さんのお父さんの「紫雨」さん編の話になります。

直接、メールを送って下さった方には、
個別にメールにご案内をお送りします!!!!


お返事は来週になりますが、
待ってて下さいね!!







2014年11月6日木曜日

ANGEL MASTER








◇今日ご紹介する絵は
「ANGEL MASTER」(エンジェル・マスター)という話のエノク・エルス・ガーディアさんです。

こちらは「月刊少年ガンガン」特別奨励賞受賞読み切り作品ですね。

この人は、ちょっと特殊な目の形をしていて、
小さい鼻と口とのバランスが難しくって顔のバランスに苦労しました。

この話の存在は、どこにもまだ公開されてないと思うんですが、
実は、この話、
タイトルの通り「天使」がテーマになっているのですが、
(そのせいなのか…??)
この漫画のことで、ちょっと不思議な体験をしています。
それを、そのうちサイトの方に合わせて載せられたらいいな、と思っているんですが…。






◇昨日、「世界仰天(なんとやら~)」の番組で、
千鶴子さん、三田光一さん、という能力者の人たちについて特集していて、
それを見ていて思ったんですが、
「千里眼」…みたいな能力は、本当にあるんじゃないのか、って気がしますよね。


こういう「力」って、もっと本腰入れて研究して
何かに役立てたらいいのにって、思うんだけど…。

この「三田」さんという人は、
透視や、念写を、大衆の見世物にして生活していたらしいのですが、
本来、普通の人より優れた能力を持っている人が、
「見世物」なんて、俗っぽいことするしか、なかったのだろうかな、
「能力があること」は、人間の役に立つことなのだから、
それを「伸ばす」方向に行けなかったのかな、と……。

もうひとりの「千鶴子」さんという人は、もっとひどくって、
透視の実験のときに「これ以上人前で実験を続けると命はないぞ」という
脅迫文が届いて、
それ以来、怖がって、実験は全部断るようになり、
世間から詐欺師扱いされたことが原因で自殺してしまったんだそうです。

なんだか、この国には、
「能力」があるものに対して、
「それをおさえつける力」がはたらいていることを、
私は強く感じているのですが、

その正体がなんなのか……、
(世間に注目されるのを疎む気持ちを持つ者のしわざなのか、
それとも権力者のさしがねなのか)
私の心の中にはない要素なので、わからないんですが……。

どこの都市もそういうものなんでしょうかね…うーん…。

なんの「能力」にしろ、
その「能力」を
「引っ張って伸ばしてくれる環境」にいたいものですよね^^。

ぐいぐい、頭を押さえつけられるのは非常に不快!!!


こないだ日記に書いた「セドナ」の公式HPを見つけました^^



http://visitsedona.com/


いかにも何かありそうな地形………!








◇今日、天使をモチーフにしたものを売っているお店を
じっくり見ている夢を見ました。
私があまりに熱心に見入っているので、
店員さんに
とうとう「ふふ、どうせ、閉店時間までずーっと見てるんでしょ」と言われました。
どの品物も全部魅力的だったんだけど、
貧乏性のせいなのか、最初に手にとったのは
「120円」と書かれてるクリスマスのチョコレート……。
(夢なんだから、もっと大きいものを買えばいいのに…!)
そのあと、
曲線が綺麗な卓上引き出し…、
その引き出しのひとつひとつに、こみいいった、すべて違う天使の絵が描かれている…
…を見て、
これも、買おうかな…どうしよう…と
わくわくしてるところで目が覚めました。


天使って、夢分析でどういう意味が…?
いい意味のような気がするけどね^^。






2014年11月3日月曜日

Halloween Eve



みなさん、どんなハロウィンを過ごされましたか?
ママンが、かぼちゃを煮てくれたので、写真を載せますね!





















今日、ご紹介する絵は、
「十二夜」という話の、トレバー・ナン君です。

ネームBOXを整理していて、
本場ケルトのハロウィンの話があった!と思って
ついつい、読みふけってしまいました…(笑)。

トレバーくんは高校生の探偵で……、
といっても普通の人間の探偵ではなくて、
ケルトの魔女の血を引くおばあちゃんのせいで
普通の人には見えないモノ達を視る能力を持っており、
「妖精探偵」として、
ばっちゃんの名にかけて妖精事件をばっさばっさと解決する
ケルティック・ミステリー・サスペンスですね(…ホントか…?^^;)


これは、マガジンZという今は無き雑誌に企画として出していた話で、
メディアミックス誌であったため、オリジナルの企画自体、通すことが難しく、
そのまま御蔵入りになって引き出しの奥にしまわれているネームです。



ギャラリーにも掲載している「十二夜」のイメージイラスト。(クリックでちょっと拡大)



















2014年10月28日火曜日

DIRIGEABLE

La sieste DeviantART  comico

「DIRIGEABLE」

ちょっとした更新ですが、
「デリジブル」のページにイラストを二枚、追加しました。
http://lasieste2.shakunage.net/DIRIGEABLE/illust.html

こないだ修復した様子をこの日記に載せた十六年前の絵ともう一枚です。




ここに載せているのは、
だいたい七年から、八年くらい前のラフです。

ジルは「銀髪に銀の眼」という設定なのに、
この時代に描かれているのはなぜか金髪になっています。
(どうしてなのかはわからないんですが……。)

なので、TALE2のトップになっている絵も金髪なんですね。

裏設定っぽいので
サイトの方には、この絵は載せないつもりです。

航空力学的な翼の形を考えてたんですよね…、
このあたりの時代…。










2014年10月27日月曜日

今週の「少とちゅ」。




今週の「少とちゅ」終わりました。

…一週お休みしたので、今週は余裕を持って丁寧に仕上げられました。
今週は、台詞以外まったくデジタルの色を使っていないんですが、

デジタル⇒大量生産。早い。
アナログ⇒一点もの。手間がかかる。

と思っていたんですが、
意外にも、手描きの色塗りの方が断然、早かった……。
なんか、PCを立ち上げたり、ソフトを調整したり、保存したり、
ページを開くのに時間がかかったりする間に、
手で、サッ、サッ!とやっちゃったほうがてっとり早いんじゃ!?
バカみたい!!!!!!!
って思いました。

たしかに、デジタル着色って画材がいらないのだけれど、
もっと、ガバッって減るかな、と思っていたら、
いつも使う色って限られているし、
めったなことで大面積を塗りまくることもないので、
全ページフルカラーでも思ってたほど、ものすごく画材が減ったりもしなかった。

今まで「早いから」と信じて
ものすごい手間をかけてデジタルで色塗ってたことが
バカみたい!!!!!!!
って思いました…。

それにしても、カラーって、
スクリーントーンを使いまくる白黒原稿よりも
意外に楽かも……。







2014年10月26日日曜日

The Walking Plants~ぶらんこ通り






今日は少年サンデーに持ち込みした読み切りをご紹介します。

(「少とちゅ」の作者コメントにも書きましたが、こないだ返却されてきた原稿。)

サイトにも掲載している「歩行植物」の別バージョンの話で、
タイトルはその名も「ぶらんこ通り植物誌」といいます(笑…!)。

ちょっと、絵がびみょう……!
「今風だからこういうシャープな線で書いてね」って言われて
ぎこちなく描いていたので、私の絵じゃないし、
誰の絵なんだか、よくわからないことになってます。

このスタイルの絵、あまり好きじゃないので、イマイチで、
掲載しようかどうしようか、ちょっと悩むところです。

(シャープな線って完成度はあるけど、暖かさや個性がなくなるので…。)
(私は、やっぱり、太くて暖かい線が好きだ!)

倫敦ちゃんと江寺原くんの話はとても気に入っていて、
歩く植物のアルクネたちや、ボタニックな雰囲気も好きなので、
あちこち手直しして、いつかどこかでお見せできたらいいなあ、とは思っております…!











2014年10月23日木曜日

いただいたグッズ✩comico




えっと、こないだ載せたグッズの写真ピンぼけてたので
取り込んで載せ直しますね!
comicoの会社さんからいただいたグッズです!

金曜作家のシール!
それから、トランプです!
「少とちゅ」はハートの4でした!




それから名刺と、名札カード!
曜日ごとに色が違ったんですが、
たまたまハロウィンの絵と色が合ってて良かったです。



2014年10月19日日曜日

comico一周年の作家集会!in TOKYO





昨日、comico一周年の作家集会で東京まで行ってきました。
飛行機でびゅーん!と行ってきたんですが、やっぱり飛行機はおっかないですねー!
でも、いちばん大きな飛行機で、しかもポケモンジェットだったので、とても快適でした。

一度に百人…いや二百人??近い作家さんが集まって一同に会したので、
日常ではまず出ないようなアドレナリンが出まくって妙に元気になりました。

風景写真は、帰りの羽田空港で撮ったもの。
私、どうも、環境に関心がある人間のようで、どこかに行くと、
人を撮るよりも、ちょっとスケールを引いたところから写真を撮ったりします。

空港の立体駐車場の形がすごく面白くって、
入ってみたら、なんともいえない光景があったので、
その場所からいろんな写真をとってみました。





久しぶりの東京で、素敵な作家集会に招待していただいて
とても楽しかったですが、
ただ、スマートフォン向けの漫画作家の集会のせいなのか、
行われた講義も当然のようにデジタル前提でという内容でした。

これだけ、大人数の作家が、何台もパソコンを使い、
膨大なエネルギーを消費していて、
しかも、世の中が
電気がないと絵も描けないような方向に向かっている
ということに、不安と恐怖を感じました。

私の住んでる地域は本来、災害がほとんどないところで、
こないだ、生まれてはじめて水害の避難勧告が出たりしたんですが、
きっと私を含めた多くの人が、年々、気候が荒々しくなり、
台風が増え、熱帯夜が増えているのを実感しているのに、
どうして、わざわざ電気を使いまくって
絵を描かなきゃならないんだろう。って、疑問に感じました。
パソコンが壊れたらデータなんて全部消えるだろうし……。

ヴィアトリクス・ポターさんや、(おそらくショーン・タンさんも)、
環境に関心のある作家は、海外にはたくさんいるんですが、
どうも、日本の作家って、最大の目的が「経済」だってことが多くて、
(ほとんどの人が目先の人間関係と、技術と経済的なことしか話題にしなくて…)
ちょっと、全体をとらえる視点に慣れてないというか、習慣にない、意識にない、って気がします。



…それなんで楽しかったし、嬉しかったし、
おみやげももらえて大満足の集会だったんですが、
本質的なことは、何も、誰にも話せないまま、
インスピレーションが湧くことからは程遠い状態で帰ってきました。


この感覚をどう言ったらいいのか、ちょっと表現しづらいんですけど、
何か…、
「これだな」と腑に落ちる部分がズッポリ欠如してるっていうか………、
「ある」という部分が全然ないというか……。
(なんともいえない伝わりずらい表現。↑)

東京の街並みの発展の仕方のせいかもしれないんですが、
「ちょっと、この場所から、真のインスピレーションは、来ないかな…。」
と、なんとなく実感しました。

なんで、私は、東京のようなメガロポリスに住んで、
パソコンの画面を長時間見ながら、
森も山もない場所で、漫画を描き続けて
お金だけ入ってくる、なんて生活をやりたいとも思わないし、
ぜったいできないだろうな~。て思った。

生き物として、何か間違ってる気がするもの…。

無機物じゃなくて生き物を主人公にして漫画描くんだから、
木も、魚も、鳥や昆虫、哺乳類、
さまざまな生き物が身近にいる環境にいたい。
人間だけに都合のいいような世界に発展して欲しくない。









2014年10月17日金曜日

My background music...




「デリジブル」TALE2.「世界、グラナドガル」を更新しました!

TALE2.のいちばん最後の章なんですが、
読んでね!よろしくお願いします!


◇日記です。

最近、イイ!と思った曲。
というか、作業中に聞いている音楽なんですが、
最近、WORLD'S SOUNDSというのを知りまして!

ZAZさんのNi oui, ni non
すごく良いな!と思いました。

カカ・ロマのOPに(※心の中で勝手に)決めています。
早くてノリがすごくいい。
この曲にあわせて(※勝手に)アニメをつくれないかと思ってます。

それから、このMallary Hopeさんの曲が好きになりました。
この曲の「angel is singing...」という響きが好きです。

どこ出身なのか知らないんですが、
ケルトの音楽のように聞こえるので、アイリッシュじゃないかあ
と思っているのですが……(?)。

それから、アラジンのCMで知って、お!と思ったOILAさんの、

ぞっとするくらいやばい音楽。って思いました。

◇日記その2。

今日、テレビで世界最大のパワースポットだという
「セドナ」の特集を観ました^^。

世界中から、土地のパワーを求めて人々が集まってきていて、
スピリチュアルなお店が、ごくふつうにたくさんあるのが印象的でした。

中でも、オーラを写真にとって、
お客さんの本質をみよう!というお店があって、
なんでも…、
オレンジ色は「創造力」のパワーなんだそうで、
昔、高校生のときに同じクラスだった友達に
「わたし、オーラ結構みれるんだけどさ。あんたってなんか黄色とかオレンジって感じだよね。」
って言われたことを思い出しました。

本当にあるんでしょーかね、オーラ…。。。

全然関係ないかもしれないんだけど、
この、パワースポットのパワーは、
「渦」…ヴォルテックス、と呼ばれるそうなんです。

渦というか、波、波動、振動のようなものなんだそうで…。

この、波が、人をリラックスさせる良い効果があるそうなんですが、
それって、
「音楽」になんだか似ていませんか?

なので、好きな音楽をたくさん聞くと、
すごく良い効果があるんじゃないかって思いました。
だって、音楽って一種の波や振動なわけだから。

ケルトの音楽が不思議な旋律なのも、
その土地の渦の形なんでしょうかね? ^^




2014年10月16日木曜日

絵の修復作業。

おお、終わりました!
今週の原稿なんとか終わらせました!!
お疲れ様でした!


…一段落したので、写真を載せます。
これは先日、十六年前の絵を出してきて、
修復と、修正作業をしたときの記録写真なのですが…、


はい、
これが、修正する絵(※十六年前の。)です。
当時はコピックをメインに使ってました。
というか、ほぼ全部コピックで描いてた!


↓今は、主に水彩を使って描いているのですが…


↑ 赤は基本的に「バーミリオンヒュー」を使っています。

でも、昔、使っていた赤は…これ!↓


コミックマーカーですね…!
「今は、絶対にこの赤使わない。」って赤を、昔、使ってたのを見て、
ちょっとびっくりしました。


↑今は、コピックの原液を水彩にまぜる。という
荒業のときにこのインクを使ったりもしますが…
(おいおい…!?(^_^;))

この色で赤い服を塗る、なんてこと、まずないなあ…。


修復作業していて思ったこと…。
コピックは結局、コミック用の画材なんだよねと思って
表現に限界を感じ、水彩に移行したんですが、
まだまだ、使い方次第で、コピックを極められるんじゃないか?
という気がしてきました。

この赤もこうしてみると良い色だし…。
バーミリオンヒューとは違ったパンチがあるので、
がつん!としたしまりのある絵を描けそうな気がする…。

↑コピックだと、こーゆー表現ができないんだけど、
……、
水彩と違って画面が締まるとこがいいです。
水彩だけでまとめると絵にパンチがなくなってしまうこともあるよね…!

修正したやつは、
後日「デリジブル」のイラストコーナーに載っけます。。。

機会があったら、
また、メイキング写真とかも載せたいと思います!
ちなみに、FACEBOOKのノートに何枚かメイキング写真が載ってるので、
良かったら見てね^^!



2014年10月14日火曜日

SENNINとオレ。












今日は仙人の出ているところを載せてみました。

やっと今週の「少とちゅ」色つけ作業に入りました。
終わったら、絵の修復作業(!?)写真とかを載せようかと思います!


「senninとオレ。」





2014年10月13日月曜日

Recently,I love swsdish style



昨日、
スウェーデン・スタイルの家とお部屋の写真集を二冊、注文してきました。
洋書のため、国内に在庫がないと注文は難しいらしく、
あったとしてもネットよりも割高になる、と聞いて、がっかりしたのですが、

私はアマゾンなどのネット注文というものを利用したことがないので、
注文の仕方ががよくわかりません……。
みなさん、どうやって洋書を手に入れているのでしょうか。

クレジットカードも持っていないので、
何度もアマゾンで見つけた本諦めていたのですが、
もし、簡単な注文の仕方を知っている方がいたら教えて欲しいです…。





白を基本としてる、清潔な空気が好きです。
スウェーデンには、幻想的な絵を描く方が多いですよね。



(写真はアマゾンのサンプル画像より拝借しております!)


私の机の上には、白い色の引き出しが置いてあります。
(画材を入れている。)

居心地の良いお部屋の、基本は、白だな…。
と思うのですが。

いろんな色のものを置くとゴチャゴチャしてて集中力が散漫になり、
貧乏臭くみえてしまう……、

なので、お部屋も、絵の色も、
使う色を、しぼって、基本は一色、とい方が、
スッキリして見えるんじゃないかなっ、と思いました。
部屋ってその人の頭の中を表す気がするよ…!


✩こないだ更新したデリジブルこと

「デリジブル」と、「えんじぇりっく・すぴりっと」なんですが、
これ、更新しているのは最近なんですが、
かきおろしとかではなくって、高校生のときのを発掘してきて
取り込んで、載っけてるんです^^!(絵をみるとわかると思うのですが!)
(TOPなどは描きおろしてますが。こっちは五、六年年前あたりの絵。)

文のほうは、
基本的に昔つくった小説がベースになっていて、
(下手過ぎてそのまま載せるわけにはいかんので!)
寝る前とかに、ふ~っ、とメモ帳に打って書き溜めておいたのを
引っ張ってきて載せております…。

絵の年号をみるとだいたい1999年前後になっておるのですが
世紀末ブーム真っ只中だったことがうかがえますよね!
このときの天使ブーム…、未だに私の中で尾を引いている…。






こびとのちいさなみせMagasin Lilli