LA SIESTE

2017年10月20日金曜日



さいゆーきペン入れ中。

さんちゃんにもペンが入ってきました。


日記
もう雪虫が飛んでます!
雪虫が出ると、雪が降るのですが、
まだ10月なのに……!!

しかし、この雪虫という存在、
本州の人に「雪虫知ってる?」と言うと、
「なにそれ」と言われて、すごいビビります。。。

それで、白い綿毛みたいのをつけた、小さくて雪そっくりの虫で…、
と説明すると、さらに「なにそれ!」と驚かれます。
北海道の人には「雪虫が出ると雪が降る」は常識なのですが、
よくよく考えてみると、かなり不思議な存在の虫です。
たしかに、知らない人が聞いたら、実在する虫ではなくて
絵本かなにかに出てくる架空の虫かと思うかもしれません。

実際、どうして雪が降る直前に出てくるのか、とか、
どうして雪そっくりの姿をしているのか、とか、
そこら辺はナゾです。

雪に擬態して、食べられるのを防いでいるのか、
(だから雪が降りそうな時期に出てくるのか)とも思うのですが。

改めて考えてみると、本当に不思議です。




2017年10月15日日曜日

不老不死の男サン=ジェルマン

不老不死の男サン=ジェルマン





「SHORT STORIES」に
読み切り「不老不死の男サン=ジェルマン」の
紹介ページを追加しました。
(パソコン閲覧専用のページです。)




2003年マガジンZ月例賞佳作受賞作品の読み切りです。

LA SIESTEで連載カカ・ロマの主人公、サン=ジェルマン伯爵を

初めて描いたのがこの作品です。

今とは全然違うキャラの伯爵でした。

哲学者の父を失った青年、

通木輪(とおるきめぐる)が、

不死の秘密を知るため、伝説の錬金術師サン=ジェルマン

伯爵に会うため、ロンドンへ赴くというストーリーです。

実際、はじめてのロンドン旅行後に

写真を見ながら描いた作品なので、

背景に臨場感が出ていると思います。




しかし、原画(といっても原画は手元にないので原画のコピーですが)
と比べると、細かいタッチが、PC画面ではうまく表現されてなくて
ちょっと残念。
かなり細かい線なので、つぶれてしまってて……。

当時は、データ入稿というものも一般的ではなく、
原画を直接出版社に送っていたので、
原画は返却されず、コピーしか手元にないのですが、
今思うとそれがすごく残念です。

久しぶりに、読み返してみたのですが、
この作品は漫画というより、アート性のあるものなので、
アニメやライトノベルのコミカライズや、
メディアミックス作品が多い一般雑誌の漫画賞には、
応募するべきではなかったかな、
とも思いました。

いつか、一冊の本にしてみたいと思うのですが、
セリフが絵にかかるところなどに
トレーシングペーパーが貼ってある状態で
コピーが取られているので、絵が隠れてしまってる
ところがあったりして残念です><!!




こびとのちいさなみせMagasin Lilli